低燃費タイヤ(エコタイヤ)とは… 低燃費タイヤについて解説!

スポンサーリンク
タイヤ

「低燃費タイヤ(エコタイヤ)」とは、燃費向上が期待されるタイヤで、「低燃費性」と「安全性」をクリアしたタイヤのことです。

そんな、以前から注目されている、「低燃費タイヤ(エコタイヤ)」について紹介します。

低燃費タイヤ統一マーク

低燃費タイヤ(エコタイヤ)とは…

JATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)が定めたグレーディングシステム(等級制度)で、低燃費性(転がり抵抗性能)安全性(ウエットグリップ性能)がそれぞれの一定以上の基準値を満たしているタイヤのこと。

低燃費タイヤのラベル表示

グレーディングシステム(等級制度)

「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能」を以下のように等級分けし、基準値を満たしているタイヤが「低燃費タイヤ」です。

  • 転がり抵抗係数・・・・ 5等級(AAA・AA・A・B・C)
  • ウェットグリップ性能・・・・ 4等級(a・b・c・d)

上記の等級で、転がり抵抗性能の等級がA以上且つ、ウェットグリップ性能の等級がa~dの範囲内にあるタイヤを「低燃費タイヤ」と定義しています。

低燃費タイヤ統一基準マーク

転がり抵抗とは

転がり抵抗とは

走行時にタイヤに発生する抵抗の1つで、タイヤが転がるときに、妨げになる抵抗のこと。

転がり抵抗と燃費の関係

  • 転がり抵抗が低い…転がりやすくなり、燃費が良くなる
  • 転がり抵抗が高い…転がりにくくなり、燃費が悪くなる

転がり抵抗と空気圧の関係

  • 空気圧を低くする…転がり抵抗が高くなる
  • 空気圧を高くする…転がり抵抗が低くなる

※タイヤの空気圧を高くすると転がり抵抗は低くなり、燃費が良くなる可能性はありますが、グリップ性能が低くなることやタイヤの摩耗に影響を及ぼすことがある為、規定空気圧を維持することがタイヤにとって良い方法です。

ウェットグリップ性能とは

ウエットグリップ性能とは

路面が濡れた状態でのタイヤのグリップ性能

ウェットグリップ性能が低いと、雨の日にタイヤが滑りやすくなったり、特に危険なのは、ハイドロプレーニング現象により、ハンドルやブレーキがきかなくなることもあります。

ハイドロプレーニング現象とは

出典:横浜ゴム株式会社 HP

ラベリング

「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能」はラベリングにより等級(グレード)が分かるようになっています。

低燃費タイヤの場合

  • 転がり抵抗…AA
  • ウェットグリップ性能…C

この表示のあるタイヤは、転がり抵抗性能が AAグレード、ウェットグリップ性能が cグレードである為、低燃費タイヤであることが分かります。低燃費タイヤ統一マークもラベリングされています。

低燃費タイヤではないの場合

  • 転がり抵抗…B
  • ウェットグリップ性能…b

この表示のあるタイヤは、転がり抵抗性能が Bグレード、ウェットグリップ性能が bグレードであることを示します。

転がり抵抗が基準を満たしていない為、低燃費タイヤではありません。その為、低燃費タイヤ統一マークもラベリングされていません。

まとめ

低燃費タイヤ(エコタイヤ)とは、JATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)が定めたグレーディングシステム(等級制度)で、低燃費性(転がり抵抗性能)だけでなく、安全性(ウエットグリップ性能)も一定以上の基準値を満たしているタイヤのことです。

低燃費タイヤであることを示す、ラベリングもされており、低燃費性(転がり抵抗性能)と安全性(ウエットグリップ性能)もわかります。

タイヤ選びのときには、価格だけでなく、燃費性能やタイヤ性能も考慮すれば、より自分に合うタイヤが選べると思います。

タイヤに関する、こちらの記事も参考にして見てください。

『【タイヤが安い】ネットならタイヤが安い!おすすめショップ紹介』

『軽自動車用 安くておすすめの低燃費タイヤ7選!』

『タイヤの交換時期、3つの確認ポイント!おすすめのタイヤも紹介。』

▼使わなくなったタイヤが売れる!?▼

【タイヤ売却】タイヤを売って、車の買取り価格を底上げ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました