車両状態証明書ってなに?中古車選びに役立つ証明書。

スポンサーリンク
自動車

車両状態証明書や車両検査証明書を知っていますか?

中古車販売店でこのような証明書を車に備えている所があります。これは車を購入したい人にとっては、車選びの参考にとても役立つのでこの機会に知っておきましょう!

車両状態証明書(車両検査証明書)とは?

これは車の状態をまとめた証明書で、これをみることで中古車の傷や凹み、修復歴などが確認できます。プロが査定していますので普通では確認が難しい小さな傷や凹み、修復歴等も見つけられています。

ディーラーや機関によって証明書の名前や表記の仕方は多少違いますが、基本的には同じ役割をしています。

引用元:Honda認定中古車検索サイト U-Select Web

上記の画像はホンダ中古車で使用されている車両状態証明書です。一般財団法人 日本自動車査定協会による証明書です。

引用元:トヨタ公式中古車サイト

上記の画像はトヨタ中古車で使用されている車両検査証明書です。

自動車公正取引協議会が監修

車両状態証明書の中には自動車公正取引協議会が監修している証明書もあり、そういったものは特に信頼性が高いと思われます。

自動車公正取引協議会とは?

自動車選びの際に価格や品質等の適正な情報を提供することや不当な表示等を禁止し、消費者に信頼される自動車販売を推進している団体です。

詳しくはこちら↓↓↓

一般財団法人 自動車公正取引協議会HP

自動車選びにメリットが多い

自動車選びにおいて、車両状態証明があることでメリットが多くあります。

自動車の状態が一目でわかる

「車両状態証明」がないお店だと、車の状態を1台ずつ自分の目で確認するか、お店の方に聞いて確認する必要があります。

その時に問題なのが、お店のスタッフですら、車の状態をしっかり把握してない可能性があることです。何十台とある展示車の傷や凹みを、すべて把握するのは簡単なことではありません。

でも「車両状態証明書」があれば、自分である程度、車の状態を確認することができますし、お店のスタッフも説明しやすくなるので、車の状態がすぐにわかります。

車の状態が早くわかれば自動車選びも円滑にでき、無駄な時間をなくすことができます。

WEBサイトでも確認できる

「車両状態証明書」を利用している自動車店では、ホームページに証明書を掲載していることもあります。

ホームページで車の状態を確認できれば、実際にお店に見に行かなくても、車の状態がある程度確認できるので、欲しい車や気になる車の目星がつけやすくなります。

もちろん現車の確認をすることも、車選びにはとても重要なので、ホームページ等で「車両状態証明書」を確認し、目星をつけてからお店に行き、現車確認をすることで、よりスムーズに車選びができます。

日本自動車査定協会がおこなっている車両状態証明事業(V-CON)であれば、JAAIホームページで実施している自動車店を紹介していますので、ご確認ください。

日本自動車査定協会 車両状態証明事業実施店一覧

購入後も安心できる

たとえば購入後に故障や、大きな修理が必要な箇所等がみつかった場合に、車両状態証明書があれば、「こんな修理箇所があるとは聞いていない」と話を進めることができます。

「修復歴の有無」についても、購入後に修復歴が見つかりトラブルになるケースが良くあります。

車両状態証明書がない場合だと車の状態について「言った」「言わない」と問題になることもあります。

車両状態証明書がない場合に比べて、「購入後に何か見つかった」時の話がしやすくなります。

▼修復歴車についての記事はこちらを参考に▼

『修復歴車(事故車)を買ってはいけない理由!中古車選びに重要な知識』

証明書の内容が100%正確ではないことも

プロが査定してるとは言え、人の手でやることなのでミスや見落としがある可能性もあります。

その他にも、中古車として常に展示されているので細かい傷等が増えたりすることもあり、こういったことで少し状態が違う可能性もあるので注意しておきましょう。

ただ、それでも車両状態証明書がある方が車の状態がわかりやすく、安心して購入を検討できます。

まとめ

車両状態証明書はメリットが多くあります。「車の状態がわかりやすい」「WEBサイトでも確認できる」「購入後も安心できる」と車選びをする人にはとても役立つものです。

ただ、すべての中古自動車販売店に車両状態証明書があるわけではないので、必ず確認できるものではありません。

最近ではディーラーの中古車店で増えてきてるようですので、そういったお店の車を優先的に確認するのも、安心できる1つの方法です。

もちろん車両状態証明書があっても、それを100%信じて購入するのではなく、お店のスタッフ等にも確認をとりながら車選びをすることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました