1番高く車を売る方法は個人売買!その理由や誰でも簡単にできる個人売買方法を紹介。

スポンサーリンク
自動車

家や部屋を掃除して、もう「使わない物」や「要らなくなった物」を処分したい時、どうしていますか?

いらなくなった物を手放すときに、少しでもお金にするのに、リサイクルショップで売る方法があります。

もっと高く売りたくて、フリーマーケットやフリマアプリなどを利用し、個人売買で売る方もいるでしょう。

手間はかかりますが、フリーマーケットやフリマアプリで売る方が、確実に高く売れます!

車でも同じことが言えます。

個人売買なら、車を高く売ることができます。

中古車販売店で買取してもらうのは、使わなくなった物をリサイクルショップに持っていく方法に近いものがあります。

車も個人売買で売ることができれば、お店で買取してもらうよりも高く売ることができるでしょう。

今回は、車も「個人売買だと高く売れる理由」や、意外と知られていない「車を簡単に個人売買する方法」などを紹介したいと思います。

中古車販売の流れ

まずは、「中古車販売の流れ」についてご説明します。

一般的な中古車販売店が、どのように車を仕入れ、どのように車を販売しているか、中古車販売の流れを知ることで、車の「買取価格のしくみ」がわかります。

下記図は、一般的な中古車販売の「買取り~販売までの流れ」説明しています。

※上記図の車の流れは、1例です。価格設定方法などは、お店によって異なります

中古車販売店は、一般ユーザーから車を「買取り」することで、車を仕入れます。

多くの中古車販売店は「買取り」価格を決めるときは、中古車オークションでの落札価格や小売価格を目安にしています。

中古車オークション(オートオークション)とは

ディーラーや中古車販売店などの業者間で行われる中古自動車のオークションで、出品された車を複数社で競り合い、落札(成約)することができる、会員制の自動車競り市場のこと

全国に110会場以上あり、各会場で週に一度ほどのペースで開催されており、全国で年間に450万台以上の車が成約しています。

▼こちらの記事も参考にしてください▼

買取価格はオークション価格が目安

中古車オークションでは、多くの車が流通している為、同じ車種でも様々な状態の車があります。中古車販売店が「買取り」をおこなう場合は、そのデータの中から、より近い状態の車の価格を目安にし、買取り価格を決めています。

上記図の例のように、一般ユーザーから車の買取りをおこなうときに、その車がオークションで100万円で落札してるような状態の車であれば、それよりも低い80万円ほどで買取ります。

その買取った車を中古車オークションに出品することで、100万円前後で売ることができるので、利益を出すことができます。

「状態の良い車」であったり、「人気車」である場合は、小売りでも売れやすいことが考えられるので、車両本体価格120万円ほどで店頭に並べ、一般ユーザーに販売します。

このように、中古車販売店は、「買取り」や「中古車オークション」で車の仕入れをおこない、その車を販売することで利益を上げています。

買取価格はオークション相場より低い価格

「中古車販売の流れ」からもわかる通り、車の買取価格は、中古車オークションを目安に価格を決めています。それは、一般ユーザーからの買取価格を、オークションで流通している価格よりも安く買取ることで、確実に利益が出せるからです。

もちろん小売りで車を販売した方が、大きな利益が期待できますが、すぐに売れるとは限らないですし、場合によっては、長い間在庫として所持することもあります。

その場合、年月が経つと車の価値も下落し、販売価格を下げなければいけなくなる可能性もあります。

その点、中古車オークションへの出品は、多くの業者に見てもらえるので、買ってもらえる可能性が高い為、小売よりも売れる可能性が高くなります。

ですから、多くの中古車販売店は、オークション相場を目安にして買取価格を設定し、小売りできなくても、オークションで売ることができるようにしています。

自動車の個人売買の特徴

自動車の個人売買の特徴についてご説明します。

自動車を個人売買で「売る」、「買う」をおこなったことがなく、あまりピンとこない方も多いと思います。

日用品などをメルカリなどのフリマアプリやネットオークションで売買することができますが、これも個人売買になります。中古車も同じように売買することができます。

価格で双方が得をする

個人売買の最大のメリットは価格面で買い手も売り手もお得なところです。

個人売買は、中古車販売店などの仲介業者を通さず、売主と買主だけで取引を行うことをいいます。仲介がない分、売主も買主もお互いに価格面では好条件で取引をすることができます。

中古車の場合、「お店に売る」「お店で買う」ことが一般的です。上記の「中古車販売の流れ」でもご説明した様に、仲介にあるお店側は、利益を出す必要がある為、「安く買い」「高く売る」必要があります。

でも、個人売買なら中古車販売店が一般のユーザーから「買取る価格」と「販売する価格」の間で売買をおこなう為、「売主は高く売ることができる」、「買主は安く買うことができる」ので双方がお得になります。

個人売買では消費税がかからない

個人間で中古車の売買を行った場合、消費税を支払う必要がないのも大きなメリットです。

自動車に限ったことではなく、住宅やマンションなどの場合でも、個人から購入した場合は消費税がかかりません。税法上そのようになっています。

車は、高額な取引になることが考えられますので、消費税10%がかからないのは、お店で購入するよりも10%ほど安く買えるので、買い手にとってはとてもお得です。

売り手が「法人」の場合は消費税がかかる

中古車販売店で車を購入する場合と同じように、車の売り手が「法人」の場合は、消費税がかかります。

法人の場合、車を売却して得た金額は、売上として計上される為、このようになっています。

売り手が法人の場合は業務用の車として扱われるため、使用目的に関係なく売却益は確定申告の対象になります。この場合、法人で納税の手続きを行う必要があります。

自動車の個人売買はハードルが高い

車の個人売買をする場合、日用品の個人売買とは違い、注意することがいくつかあります。

  • 買い手を探す必要がある
  • 登録や名義変更などの手続きが必要
  • 車の状態を説明する必要がある
  • 高額な取引になる

このようなことがある為、手軽にできるものではありません。場合によっては、トラブルになる可能性もありますので注意は必要です。

買い手を探す必要がある

個人売買をする上で全般に言えることですが、車を売る為には「買い手」を探す必要があります。

自動車販売店などで買取をしてもらう場合は、お店が買取ってくれるので自分で「買い手」を探す必要がありません。

メルカリなどのフリマアプリやネットオークションでも、買い手がいないと売ることができないので、売れるようにアピールするなどの、手間をかける必要があります。

それから買い手が現れるまで時間がかかることもありますので、すぐに売れるとは限りません。良い車であっても「買い手」がいなければ、いつまで経っても売れません。

登録や名義変更などの手続きが必要

自動車を所有するには登録(軽自動車の場合「届出」)が必要です。

一般的に自動車販売店で車を購入した場合は、お店側が手続きをおこなってくれるので、ほとんど気にする必要はないですが、個人売買の場合は、売り手側、買い手側が自分で手続きをする必要があります。

自動車登録の手続きは、各地域の運輸局や軽自動車協会等でおこないます。そのための書類を揃えることなどが必要で、場合によっては、所有権解除といった手続きが必要になることもあり、慣れない方には、複雑に感じることもあります。

その他にも、自動車税や自賠責保険の還付や料金についてどうするかを、買い手と売り手で決める必要などもありますので、車の手続きに詳しくない方には、難しいかもしれません。

車の状態を説明する必要がある

中古車販売店で車を購入する場合、車の情報を見たり、状態をお店のスタッフに確認しながら、購入を検討すると思いますが、個人売買の場合も買い手側は、車の情報や状態を知った上で、車の購入を検討します。ですから売り手側は、車のことをしっかりと説明できるようにする必要があります。

買い手側に伝える必要がある情報には、以下のようなことがあります。

  • 車の年式や型式、グレード、ボディカラー
  • 走行キロ数
  • 車検や点検整備の状況
  • 機能関係などの不具合箇所
  • 内装や外装の傷や凹み
  • 修復歴の有無
  • 車の状態がわかる写真
  • その他買い手側が気になること

このような情報や状態を買い手に説明した上で、購入を検討してもらう必要があります。

車の年式や型式、ボディカラーや走行キロ数などは、車検証や現車で確認することができますが、機能関係などの不具合や傷、凹みなどは、車のことが詳しくない方には、見極めるのは簡単ではありません。

修復歴に関しても、事故に遭ったから修復歴車になるわけではないので、状態を判断するには、プロでも難しい場合があります。

このように、車の情報や状態をしっかり確認した上で、個人売買を行う必要があります。場合によっては、不具合や修復歴などが原因で売買後にトラブルになることもありますので注意が必要です。

▼修復歴について詳しくはこちらを参考にしてください▼

『修復歴車(事故車)を買ってはいけない理由!中古車選びに重要な知識』

高額な取引になる

自動車の売買は、高額な取引になることが考えられます。

高年式の車や走行キロ数が少なく状態の良い車、人気車、高級車など、車は、高額で取引されることが多くあります。場合によっては、古くてもプレミアが付き、数百万円以上で取引されることもあります。

個人売買となれば、お店に買取してもらうより高く売ることができるので、更に高額な取引になり、それだけ「買い手」も「売り手」も売買に対して慎重になります。

買い手は、良い車を安く買いたいと考えますので、金額に見合った状態の車であるかをしっかり検討し、車選びをします。

お店で車を購入する場合は、車のプロであるスタッフに相談した上で車選びをすることができるので、「安心できる」と考える人は、少なくありません。

それに比べて個人売買の場合は、車を売る人が車に詳しい人とは限らないので、「この車は大丈夫?」などといった心配なども出てくるので、購入を検討する方は、お店で購入するよりリスクがあると考えます。

それが高額な車になればなるほど、もっと慎重になり、個人売買では、「買いにくい」「売りにくい」と感じる可能性もあります。

それから、個人売買で車を売ると、場合によっては、お金のやり取りに注意する必要があります。

個人間でやり取りを行っているので、売買額が期日までに、しっかり入金されるかなどの「お金」の心配が必要になることもあります。「入金が遅れたり」、「入金されなかったり」とトラブルになることもありますので注意が必要です。

車の個人売買方法

個人売買する場合、買い手を探す必要があります。

自分の回りから探すのは、簡単ではないですが、今は、様々な方法で「個人売買する方法」があります。

その方法をいくつか紹介します。

車の個人売買方法

  • 友人や知人と売買
  • フリマアプリやネットオークションを利用
  • 自動車専用のフリマサイト利用

友人や知人と売買

まず思いつくのは、友人や知人間で売買をおこなう方法です。

まったく知らない人とやり取りをおこなう場合、車の状態などについて、「これ本当なの?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、友人や知人であれば、ある程度信頼できる可能性が高いので、売買を進めやすくなるメリットがあります。

ただ、車に詳しくない方は、価格設定が難しいと感じるかもしれません。

個人売買をする場合、「お店での中古車販売価格」や「お店での買取価格」、「現在の車の状態や装備品」などを考慮した上で、双方が納得のできる価格を決めなければいけないので、簡単ではないかもしれません。

その場合、買取専門店などで査定をしてもらったり、買取査定サイトなどを利用して買取価格を教えてもらい、個人売買での価格設定の参考にするといいでしょう。

その時の査定で「この車は、○○の状態なので買取価格は○○万円です。」といった風に理由も説明してもらえるので、それを個人売買のやり取りの中で説明することもできます。

個人売買では、デメリットがあれば、それもしっかり説明しておくことでトラブルを避けることもできます。

個人売買の価格設定は、「お店での買取価格」と「中古車販売価格」の間で設定するのが無難です。

▼買取査定サイトはこちらを参考にしてください▼

『車を最適に買取する11の方法!自分や車に合った一番良い買取方法を選べ!』

『車の一括査定のメリット・デメリット。 厳選した5社を紹介!』

フリマアプリやネットオークションを利用

フリマアプリやネットオークションを利用することで、多くの人にみてもらい、車を買いたい人を探すことができます。

実際にメルカリやラクマ、Yahooオークションを利用して車を売っている方は、少なくありません。

フリマアプリなどであれば、多くの人に車を見てもらい、「欲しい!」と思う人を探すことができます。

メルカリは月間2,000万人を超えるユーザーが利用しています。

利用者が多ければ、自分の車を「欲しい!」と思う人を探しやすいので、車が売れる確率も上がり、買い手が見つかりやすくなります。

ただ、この場合も車に詳しくない方は、価格設定や車の状態を説明するのが難しいと感じるかもしれません。

まったく知らない人に車を売ることになりますので、買い手は、価格や車の情報だけで購入を検討することになります。ですから、どんな状態の車なのかを説明できるようにしておかなければいけないですし、価格についても納得のできるものにする必要があります。

フリマアプリなどで車を売る場合も、買取専門店などで査定をしてもらったり、買取査定サイトなどを利用して買取価格を教えてもらい、個人売買での価格設定の参考にするのがおすすめです。

買取専門店などで車のプロに査定をしてもらえば、今の車の状態で提示された買取価格の根拠などを説明してもらい、車の状態などを知ることができます。

その情報を、フリマアプリなどでの出品時に活かすこともできます。

▼買取査定サイトはこちらを参考にしてください▼

『車を最適に買取する11の方法!自分や車に合った一番良い買取方法を選べ!』

『車の一括査定のメリット・デメリット。 厳選した5社を紹介!』

自動車専用のフリマを利用

自動車専用の個人売買サイトやフリマアプリもいくつかあります。

車の買取サイトとは違って、車を出品し、それを見て、欲しい人がいれば、売買が成立します。

自動車専用のフリマを利用しても、車の売却や購入は「個人売買」となる為、消費税がかからないのも大きなメリットです。

誰でも車の個人売買ができる

メルカリなどの一般的なフリマとは違い、車だけが出品されており、「自動車専用」ならではのサービスがいくつもあります。

自動車専用フリマの主なサービス

  • 車の状態を確認してもらえる
  • 売買成立後の名義変更を代行してもらえる
  • 出品価格の相談ができる
  • ローンでも購入ができる
  • 出品者と購入者が会わなくてよい

サイトやフリマアプリによって行っているサービスは異なりますが、自動車に詳しくない初心者でも、個人売買ができるようなサービスが用意されています。

メルカリなどの一般的なフリマアプリの場合は、車の状態を説明したり、名義変更のやり取りなどが必要になってきますが、そういったことも代行してもらえるので、誰にで気軽に利用できるようになっています。

成約後にクレームなどがあった場合でも、対応を代行してくれるサービスもありますので安心して利用できます。

落札時に手数料がかかる

メルカリなどのフリマアプリでは、落札時に手数料がかかりますが、自動車専用フリマの場合にも、車を落札した場合などに、出品者や購入者に手数料がかかります。

手数料の有無や料金は、各サービスによって異なります。

自動車専用フリマの主な手数料

  • 成約手数料…定額で数千円~数万円、もしくは価格の数%など
  • 名義変更料…登録手数料、ナンバー変更料、車庫証明取得料など
  • 納車料…出品者と購入者の場所により変動

サイトやフリマアプリによって手数料は様々です。場合によっては、成約した場合でも、出品者の負担がほとんどないサイトもあります。

ほとんどのサイトやアプリでは、出品料が無料です。

車をフリマ等で個人売買する場合、出品後すぐに売れることはあまりありません。ですから、出品料が無料なところを活かし、売りたい時期よりも早い時期から車を出品し、車を使用しながら売れるのを待つといった方法が、友好的な手段だと思います。

人気の自動車フリマサイト・アプリ

いくつか人気の自動車専用フリマ・アプリを紹介したいと思います。

どれも利用者が多い為、売買も多く、車の個人売買におすすめです。

自動車フリマサイト・アプリ

  • カババ
  • ガリバーフリマ
  • クリマ
  • コバフリ

カババ

出典:カババ公式サイト

カババは、愛知県に本社を構える株式会社アラカンが運営する、車の個人間売買サービスです。

2019年に設立した、まだ実績の少ない会社ではありますが、複数のメディアなどでも紹介されている、注目度の高い企業です。

カババの特徴

  • 出品者は手数料一切不要
  • 出品作業、名義変更などはカババが代行
  • クレームや車についてのやり取りはカババが代行

カババは「出品者は手数料無料」などの出品しやすいシステムが特徴です。

出品料無料はもちろんのこと、落札時の手数料も出品者は無料。出品作業や落札後の名義変更などもカババが代行してくれます。購入者の成約手数料は、一律33,000円です。

購入者が車について気になることがある場合やクレームなどがあっても、カババが代行してくれるので車に詳しくない方にも安心です。

車が売れやすいようにYouTubeなどで出品車両の紹介をしているのも、出品者にはありがたいサービスです。

▼詳しくはこちらの記事をご覧ください▼

『個人売買で車を高く売れる!?車のメルカリ!自動車フリマ「カババ」がおすすめ!』

ガリバーフリマ

出典:ガリバーフリマ公式サイト

ガリバーフリマは、中古車の販売と買取の「ガリバー」で有名な株式会社IDOMがおこなっている、車の個人売買サービスです。

車の個人売買サービスは、2015年から開始しています。

ガリバーフリマの特徴

  • 出品料は無料
  • 取引形態が「仲介取引」と「直接取引」の2種類ある
  • 「仲介取引」でガリバーのサポートがうけられる

ガリバーフリマは知名度があり、毎月の出品台数は約9,000台と多い為、出品した車を多くの人に見てもらうことができるフリマサービスです。

出品時の取引形態が2種類あり、自分に合った取引方法を選べるのが特徴です。

  • 「仲介取引」…ガリバーが仲介に入る為、購入者とのやり取りをガリバーがサポートしてくれるので、車に詳しくない方や対応に自身の無い方には、使いやすいサービスです。
  • 「直接取引」…ガリバーのサポートがなく、自分でやり取りをおこないますが、その分、手数料が安くなります。車にある程度詳しい方や対応力の有る方には、おすすめです。

出品者も購入者も成約手数料がかかりますが、知名度があるので多くの人に自分の車を見てもらえる為、売れる可能性は高いかもしれません。

クリマ

出典:クリマ公式サイト

クリマは、廃車買取サービス「ハイシャル」などの事業を行っている、大阪府に本社を構える、ユニオンエタニティ株式会社が運営する車の個人売買サービスです。

車の個人売買サービスは、2019年から開始しています。

クリマの特徴

  • 成約手数料が一律5,500円
  • オプションで出品作業などを代行
  • 月間34,000人以上が注目

クリマの成約手数料は、出品価格問わず一律5,500円なの特徴です。成約時に出品者、購入者ともに成約手数料が発生しますが、この価格は、業界最安値となっています。

サポートも充実しており、わからないことは、車業界で10年以上経験を積んだプロに相談できるので安心できます。

クリマは、月間に34,000以上の人がチェックしているので、自分の車に興味を持ってもらうチャンスが多くあるのもメリットです。

クリマ公式サイト

コバフリ

出典:コバフリ公式サイト

コバフリは、全国に500店舗以上の国内最大級の車検チェーン店、コバックが運営する、車の個人売買サービスです。

コバフリの特徴

  • 出品者は全てコバックが点検
  • 車とお金のやり取りはコバックが代行
  • 全国に店舗がある為、点検、納車等がしやすい

車を個人売買で売る場合、車の不具合等に気が付かず、トラブルに発展するケースがありますが、コバフリの場合、出品車を全てコバックが点検してくれるので、購入者も安心して購入することができます。購入者が安心できるシステムなので、自分の車が売れる可能性が高くなります。

落札後の入金確認などのお金のやり取りもコバックが代行してくれるので安心です。

出品料は、出品時点検査定料が含まれて32,400円です。

コバフリ公式サイト

各サービスの出品者手数料一覧

  カババ  ガイバーフリマクリマコバフリ
会員登録必要(無料)必要(無料)必要(無料)必要(無料)
出品手数料無料無料無料32,400円
(出品時点検査定料)
成約手数料無料・18,000円~69,000円
(車両価格によって変動)
・車両価格が1,000,001円以上は
価格の7%
5,500円無料
車引き取り料無料店舗以外の場所で引渡す場合
10,000円〜
無料
基本的に
購入者負担
無料
コバック店舗へ
車両引き渡しが必要

車を個人売買で売るなら・・・

車を個人売買で売るなら、どんな方にも利用しやすい、自動車フリマの「カババ」がおすすめです。

カババは、出品料は無料。成約した場合の成約手数料も無料となっているので、出品者にはとてもありがたいサービスとなっています。

その他にも、名義変更の手続きや車についてのやり取り、クレームがあった場合もすべてカババが代行してくれるので、車のことが詳しくない方にも利用しやすいのも特徴です。

出品車の確認や査定もカババがおこなってくれるので、もしも不具合などがあっても、事前に知ることができ、成約後のトラブルを避けることができます。

一般的な自動車フリマサイトでは、車の価格設定は基本的に自分で行いますが、カババでは、車の査定をすることで、車の状態を把握し、適正な価格になるように価格相談などもできますので、安心して価格設定ができます。

YouTubeなどで出品されている車を紹介するなど、「売れる」取り組みもおこなっています。

出品者はとても優遇されているので、車を個人売買で売るならカババがおすすめです。

「カババ」について詳しくはこちらをご覧ください

『個人売買で車を高く売れる!?車のメルカリ!自動車フリマ「カババ」がおすすめ!』

\カババで無料出品/

最後に

車の個人売買は、お店で買取してもらうよりも高く売れます。

中古車販売店等のお店で車の買取をしてもらう場合は、お店側が買取った車をオークションや小売りをおこない、利益を出す必要があります。

ですが、個人売買の場合は、車が欲しい個人の人と直接やり取りをする為、売る人は高く売れ買う人は安く買うことができるので、双方が金額面でお得に取引ができます。

消費税がかからないのも「個人売買」の大きなメリットです。

ただ、車の個人売買をするには、「車両金額の設定」や「名義変更」、「税金」などの手続きや知識が必要なので、車に詳しくない方には簡単ではありません。

車の個人売買の方法はいくつもあり、友人や知人とやり取りするだけでなく、一般的なフリマサイト・アプリを利用したり、自動車専用フリマサイトを利用する方法などがあります。

特に自動車専用フリマサイトは、自動車の個人売買に特化していますので、車に詳しくない方にも利用しやすいシステムになっています。

出品などは、無料で利用できるサービスが多いので、是非利用してみてください。

▼車を個人売買で売るなら「カババ」がおすすめ!

『個人売買で車を高く売れる!?車のメルカリ!自動車フリマ「カババ」がおすすめ!』

個人売買に不安を感じる方や早く車を売りたい方は、買取査定サイトを利用して車を売る方法が良いかもしれません。

買取査定サイトにもいくつか種類があります。

自分に合う方法を見つけて、満足のできる売却方法を見つけましょう。

▼買取査定サイトはこちらを参考にしてください▼

『車を最適に買取する11の方法!自分や車に合った一番良い買取方法を選べ!』

『車の一括査定のメリット・デメリット。 厳選した5社を紹介!』

▼買取査定前に気を付けることはこちらを参考に▼

『車の買取り査定をしてもらうときに絶対やってはいけないこと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました